心療内科と精神科ってどう違うのですか?

平たく言えば、心療内科は身体のお医者さん、

精神科は心のお医者さんということになります。 

 

もう少し詳しくお伝えすると、

様々な心理社会的なストレスが原因で頭痛や腹痛のように、

身体的な不調が見られることがあります。

こうした病態は心身症と呼ばれます。

このようにストレス等がきっかけで

体調を崩した際の対応を専門とするのが心療内科です。

 

心療内科で扱われることの多い状態像としては、

頭痛や腹痛の他にも、

子どもでは気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎等が

例としてあげられます。

他にも摂食障害や過敏性腸症候群等も

心療内科で取り扱われることの多い代表的な疾患です。

更年期障害もストレスフルな環境下では

症状が増悪すると言われています。 

 

一方、気分の落ち込みやイライラ、眠れない(不眠)、不安、

聞こえないはずの声が聞こえてくる(幻聴)、

妄想や物忘れ等の精神的な問題を専門とするのが精神科です。

病名で言うと、うつ病(気分障害)、不眠症、不安障害、統合失調症、

認知症等が代表的です。

アルコール依存の問題等も精神科で取り扱います。 

 

街中を見渡すと、心療内科と精神科、両方を専門として掲げてある

病院やクリニックがありますが、その内情はこのように異なります。

しかし、皆さんにどの病院に心療内科、

もしくは精神科が専門の先生がいるのかは

なかなか見分け難いのではないでしょうか。

 

また、自分の身に生じている様々な症状が

心療内科で扱われることが望ましいのか、

精神科で扱われることが望ましいのか、

容易に判別することは困難でしょう。 

 

皆さんに気になるような症状らしきものが生じている場合には、

ひとまず、いずれの科でも構わないので

足を運んでみられてはいかがでしょうか。

どちらに足を運んでみられても、

皆さんの状態に応じて適切な窓口につながる一歩になることが

期待されます。

 

何もせずに素人判断で時間の経過に身を任せるよりは、

よりよい予後へとつながることでしょう。

(臨床心理士 田中勝則)

これに関連するかもしれない項目